北京語言大学研修 12目(2017年)

〈北京語言大学研修 12日目(35日)〉 

         
 今日は家庭訪問がある人は行かなければならない日でしたが、私はまだなので、一日中フリーでした。しかし、やらなければならないことがいくつかあったので、朝からそれに勤しんでいました。

午前中は、月曜日の高校見学のための準備を班のメンバーとしました。それぞれの班にテーマが1つずつ与えられているので、それに関するディスカッションが事前準備にあたります。集まって話し合ったのはいいものの…もう少し考えをまとめようとのことで、班のメンバー数人の家庭訪問が終わったら再び集まろうという次第に。


 午後はお昼に肉まんを食べて、洗濯と宿題を済ませました。それが終わったところで休憩に入ろうとベッドに横になると、そのまま寝てしまいました。中国人には「午休」という、昼食の後30分~2時間(個人差アリ)ほど休む習慣があるそうで、私にもその習慣が、北京に来てからすっかり身についてしまったようです…。日本に帰ると苦労する可能性がかなりでてきました…。起きたら16時くらいだったので、明日の予習を少ししてダラダラして過ごしました。その間寮の売店に行き、写真のようなアイスを買いました! 何やら日本人留学生に評判のアイスで、友人の多くも、これをおいしいと勧めてくれていたのです! 食べてみると本当においしい!!! 日本でいう「雪見だいふく」のあの味とそっくりです。これは風呂上りに毎日でも食べたい…! 値段は0.6元でした。意外と安かったです。


今日はこのように、やることをすませて、終わったらゆっくり…という感じで過ごしました。昨日の長城での疲れもこれでとれそうです。(やはり筋肉痛になりました)明日の高校見学はどのような感じになるのかドキドキです。頑張ります!

投稿者:大櫃彩花
編集者丁 雷

北京語言大学研修 11目(2017年)

〈北京語言大学研修 11日目(34日)〉  
   
   
  
 今日はみんなで朝から万里の長城に行きました!! 空気はあまりよくなかったけれど、天気は素晴らしかったので、とてもよい景色を写真におさめることができたと思います。私たちが登ったのは慕田峪という長城でした。万里の長城には登り口が何か所もあり、有名なのは八達嶺と呼ばれるところですが、今回私たちが登ったのはあまり有名ではないところだそうです。しかし…さまざまな長城の中でも比較的登りやすい、緩やかなところだと聞いていた私は、大いに油断していました。


よく日本でもメディアを通してみていた、山の上にある長い道に辿り着くまで、延々と階段を上り続けなければならないのが苦痛でしかたなかった!!!!とても大変でした!! 登りやすいとは一体何なのか!!? 同じ班の人たちのペースに途中からついていけなくなって、非常に苦しくなった私は少し離脱して休息をとる選択をしました。回復した後、郭先生が一緒についてくださって、2人でゆっくり登っていきました。本当に感謝しています…。みんなに追いつくこともできなかったので、頂上付近まで登って、折り返して下山しました。あとでみんなに聞いた話では、頂上には石碑みたいなのがあり、眺めもよかったとのこと。班のみんながWechatのグループに写真や動画をたくさん載せてくれていたので、あとで見ようと思います。


今日は本当に疲れました。しかしとても有意義な一日でした。ここまで、班行動(私は1班)が基本で、メンバーとも仲良くやっていましたが、今日という日を経験して、ますますメンバー同士が仲良くなったように感じました。がんばれと声を掛け合ったり、支えてあげたりと、お互いを気遣いながら行動できていたからです。それはどの班も同じだと思います。素晴らしいです!!! …また、もう少し体力をつけるべきだなと個人的に思いました。




明日は家庭訪問がある人は行き、ない人は自由行動です。私は明日は自由行動なので、大人しく勉強することにします。


投稿者:大櫃彩花
編集者丁 雷