北京語言大学研修 3日目(2017年)

〈北京語言大学研修 3日目(2月24日)〉        

 ついに授業が始まりました。クラス分け試験の結果、私や奈良くん、川端さん、老板さんはC5クラスになりました。少人数授業で、私たちのクラスは13人ほど、ほとんどが日本人(韓国人やほかの国の人もいました)でした。自己紹介をして、口の授業がスタート。当然のことながら、授業内容の説明はすべて中国語で、とても新鮮に感じました!先生の喋るスピードは自然なスピードだったので、聞き逃さないよう必死でした…。また、教科書の文法や単語を説明されたとき、その説明も中国語だったので、わからないときは例文から意味を推測しなくてはいけませんでした。(電子辞書で調べてもよかったんですけどね…あとで気づきました。)例えば「」という言葉の説明のとき、私はこの単語の意味がわかりませんでした。しかし、先生が「着~」という形を使って、「我着父母抽烟」「着父母交男朋友」という例文を示しながら説明してくださり、「隠す、だます」みたいな意味があるということがわかったのです。(あとで辞書で確認したら合ってました!)

こういったふうに、わからないことを推測していって答えを導く感じがとても楽しかったです!!これからもこんな感じで授業を楽しめたらと思います。

 次の授業の先生も優しくてわかりやすかったです。「阅读」の授業は読むこと中心でしたが、先生とのコミュニケーションもありました。自分の言っている中国語がいい発音かはわからないけれど、何となく何が言いたのか通じていることが、先生の反応から見受けられて嬉しかったです。









 授業が終わって寮に帰るとすぐ寝ました。前日あまり眠れず、疲れがまだとれていないせいか爆睡でした。起きたら少し元気になったのでよかったです。そして他大学の人や郭先生、語言大学のボランティアさんと一緒に北京烤(北京ダック)を食べに行きました!! 本場の北京ダックにみんな大興奮で、写真をたくさん撮りました。ボランティアさんともお話しながら、おいしい料理を食べて、本当に幸せでした…!


 明日、土曜日は何もない自由時間。ですが、宿題がでたのでそれをやったり、洗濯や外出もしたりしたいです。ただ、私はみんなより疲労の回復が遅いので、ゆっくり休むのもいいかなと思っています。この生活にはやく慣れて、留学ライフを満喫したいです。





投稿者:大櫃彩花
編集者丁 雷

1 件のコメント:

  1. 全て中国語なのでとても耳が鍛えられそうですね。単語の意味を例文から推測するのは大変そうですが、反対に印象に残りやすく、覚えられそうです。先輩は授業を楽しいといっておられますが、楽しんで取り組むことはとても大事なことだと思います。北京烤鸭がとてもおいしそうです。私はまだ食べたことがないので食べてみたいと思いました。

    A163077 森佳穂

    返信削除