北京語言大学研修 3日目(2017年)

〈北京語言大学研修 3日目(2月24日)〉        

 ついに授業が始まりました。クラス分け試験の結果、私や奈良くん、川端さん、老板さんはC5クラスになりました。少人数授業で、私たちのクラスは13人ほど、ほとんどが日本人(韓国人やほかの国の人もいました)でした。自己紹介をして、口の授業がスタート。当然のことながら、授業内容の説明はすべて中国語で、とても新鮮に感じました!先生の喋るスピードは自然なスピードだったので、聞き逃さないよう必死でした…。また、教科書の文法や単語を説明されたとき、その説明も中国語だったので、わからないときは例文から意味を推測しなくてはいけませんでした。(電子辞書で調べてもよかったんですけどね…あとで気づきました。)例えば「」という言葉の説明のとき、私はこの単語の意味がわかりませんでした。しかし、先生が「着~」という形を使って、「我着父母抽烟」「着父母交男朋友」という例文を示しながら説明してくださり、「隠す、だます」みたいな意味があるということがわかったのです。(あとで辞書で確認したら合ってました!)

こういったふうに、わからないことを推測していって答えを導く感じがとても楽しかったです!!これからもこんな感じで授業を楽しめたらと思います。

 次の授業の先生も優しくてわかりやすかったです。「阅读」の授業は読むこと中心でしたが、先生とのコミュニケーションもありました。自分の言っている中国語がいい発音かはわからないけれど、何となく何が言いたのか通じていることが、先生の反応から見受けられて嬉しかったです。









 授業が終わって寮に帰るとすぐ寝ました。前日あまり眠れず、疲れがまだとれていないせいか爆睡でした。起きたら少し元気になったのでよかったです。そして他大学の人や郭先生、語言大学のボランティアさんと一緒に北京烤(北京ダック)を食べに行きました!! 本場の北京ダックにみんな大興奮で、写真をたくさん撮りました。ボランティアさんともお話しながら、おいしい料理を食べて、本当に幸せでした…!


 明日、土曜日は何もない自由時間。ですが、宿題がでたのでそれをやったり、洗濯や外出もしたりしたいです。ただ、私はみんなより疲労の回復が遅いので、ゆっくり休むのもいいかなと思っています。この生活にはやく慣れて、留学ライフを満喫したいです。





投稿者:大櫃彩花
編集者丁 雷

快乐汉语--中国留学生交流会4


     上周的活动因为丁老师只顾着欣赏大家的歌曲,忘了拍照。结果没有办法写博客发稿。好在这周同学们及时的提醒,总算让我拍了好多理想的照片。本周的交流会,由于法文学部的宴会,使得很多同学不能来参加。但是即使这样,依然有遇到三连休,所以有一部分同学因为打工调休没有办法来。不过即使是如此,今天还是来了10名同学。大家在一起讨论了自己喜欢的一部电影或MV,其中给我们留下深刻印象的有 《1900》 《大逃杀》 《Greeen》 《Stranger than Paradise》《歌魂》《剩下的盛夏》等。尤其是角田同学和夏目同学的介绍,让我觉得非常有特色。唯一一个遗憾是由于时间问题,没有听到饭冈同学的发表,期待她下一次有更好的表现。
     下周的活动在周六下午举行,交流的主题是 《笑话 Joke》 。请同学们找找你觉得最有意思的笑话(2个),汉语的笑话请翻译成日语,日语的笑话请翻译成汉语。不知道大家会带来哪些让我们欢喜的笑话呢?!拭目以待!







































(投稿者 丁 雷)

北京語言大学研修 2日目(2017年)

〈北京語言大学研修 2日目(2月23日)〉         


 昨晩はかなり遅く疲れきっていたので、ベッドに入って気がついたら朝でした。8時からクラス分け試験があるため起きられるか心配でしたが、無事起床できました。すぐ寝てしまったため直前に復習はあまりできなかったのですが、今までの試験の練習を思い出して臨みました。担当の先生はとても優しそうな笑顔でやり取りしてくださって、少しわからないところや答えに戸惑ってしまうこともありましたが、話しやすい雰囲気でよかったと思います。

 試験が終わると、郭先生とボランティアの方が大学内を案内してくださいました。体育館やスポーツのコート、カラオケなどの娯楽施設や書店、食堂などいろいろ見て回りました。中でも、書店にたくさんの種類の本があるのに驚きました。一般向けの本や教材、絵本…雑貨まで売っていて素敵だなと思いました。ディズニーの中国語版の絵本もあり、ちょっと欲しくなりました。昼ごはんは食堂で食べました。学生証に現金をチャージする方法を習得し、いざ1階の食堂へ。見た目だけで判断して料理を選んでいくのはすこし大変だったけれど、慣れればいいと思い2品だけとって食べました。料理を見ていると、やはり唐辛子がやたら多くてどれも辛そうでした。実際、私が食べた料理は2品とも少し辛かったです。さすが中華料理と納得して昼食を終え、次は超市というスーパーへ行きました。




 超市では、みんなで買い物をしました。中国に来てから、乾燥のせいかノドが渇いていたので、多めの水を買い、トイレットペーパーや室内のスリッパなど、必要なものを買いました。また、レジでちょっとしたハプニングがありました。レジ袋にお金がかかると思っておらず、店員さんに聞かれたことを、わからなくてもなんとなく返事をしていたら、袋が渡されなかったんです。あわてて「袋をください。」と言ったら「お金がいります。あなたさっき『いらない』って言ったでしょう。」と、少し笑われながら手を差し出されました。お金を渡して袋ももらって買い物は終わりましたがすごく恥ずかしい…。店員さんが優しくて本当によかったです。ただ、この時とっさに英語を言ったり、近くにいた郭先生の助けも借りたりせず、自分で中国語を聞いて、話して、行動できました。これは、初日に郭先生のおっしゃった、留学において大切な3つのことのうちの「自立」に入るのではないかと思いました。少しだけ成長できた気がして嬉しいです。

 夜は島大生みんな、食堂でご飯を食べながら、明日から始まる授業やクラスはどうなったかなということを話しました。どうなるのでしょうか…。まだ疲れがとれていないので、明日に備えて早く寝ます。


 明日も頑張るぞ!





投稿者:大櫃彩花
編集者丁 雷

快乐汉语--中国留学生交流会3



     今天的活动因为遇到三连休,所以有一部分同学因为打工调休没有办法来。不过即使是如此,今天还是来了14名同学。大家在一起讨论了自己喜欢的一本书,其中给我们留下深刻印象的有 《哈利波特系列》 《BLACKJACK》 《白夜行》 《黄金时代》。除了书籍的介绍以外,大家还谈了谈对中日两国作家的认识,评价了他们作品的特点,介绍了其中一部分书籍受欢迎的理由。
     下周的活动在周六下午举行,交流的主题是 我喜欢的一首歌 。不知道大家会带来哪些让我们惊喜的歌曲呢?!拭目以待!















(投稿者 丁 雷)

北京語言大学研修 1日目(2017年)

〈北京語言大学研修 1日目(2月22日)〉           

 1日目の朝、ついに留学に行くんだ!と実感しながら起きました。私にとって初めての海外留学、そしてはじめての中国なので、とても楽しみでした。中国語スピーチコンテストのスピーチでも発表したように、中国語に囲まれた環境の中で、自分の能力を高められることは本当に嬉しいことだと思っています。朝は松江~広島行きのバスに乗るため、4時に起きました。そこから老板(=佐々木春香)さんと一緒にタクシーで松江駅まで行く予定でしたが、タクシーが予約できず、2人で徒歩で駅まで行くことに…。やっとの思いでバスには乗れたのですが、私はくたくたで、朝から大変でした。


 空港に着いてからがまたさらに大変でした! 北京からの飛行機が、現地の大雪のため大幅に遅れており、昼過ぎに広島発のはずが16時頃になってしまい仕方なく、他大学の人たちと交流しながら待つことに。しかし、その間にどんどん飛行機の到着時間が遅れ、結局18時頃の出発になりました。出国審査までの時間は、郭先生が中国語の授業(レクリエーションに近い?)をしてくださり、他大学の人たちとさらに仲良くなれました。

 出国審査を無事に終え、飛行機へ。同じ便に搭乗するお客さんの中には中国人と思われる人たちが多く、添乗員さんはもちろん中国人でした。アナウンスも中国語と英語しか使われません。異世界にでも来た様で、なんだかそわそわしてしまいました。23時頃やっと北京に到着しました。疲労がたまっていましたが明日以降に支障の無いよう、ゆっくり身体を休めます。なお、ルームメイトにはまだ会っておらず、どんな人か分かりませんが仲良くしていけたらなと思っています!

 また、広島空港で郭先生が、留学する上で大切な3つのことを述べてくださいました。1つ目は目標をたてること。留学する目標は何か、小さなものでもいいので目標を立てることがいいのです。私は、中国語を聞いて意味がわかっても、その返事や会話を展開させること、つまり話すことが苦手なので、「話す」をまず目標にしようと思います。2つ目は交流。せっかく現地にいるのだから、中国人と交流して、耳を慣れさせ口を慣れさせていかなければならないとのことでした。私もとても共感しました。やはり、言語を習得するにあたって、「経験」は重要なことだと思うので、交流して会話という「経験」をたくさんしていきたいと思います。3つ目は自立。先生に何でもかんでも頼ってはいけない、自分から、何か困ったときは留学生や語言大学の先生、学生に相談するのも大切だとおっしゃいました。中国語が得意ではないからあまり喋りたくない、郭先生がいれば大丈夫…という考えは確かに甘いと思います。これでは勉強をしに来ている意味がないので、積極的に自分から中国語を使っていくことを意識して、毎日過ごそうと思いました。


 これからどんなことが待っているか楽しみでもあり、少しこわくもありますが、頑張っていきます!

投稿者:大櫃彩花
編集者丁 雷